ジェネリックのフィンペシアで今すぐAGA治療!

薄毛に悩んだときは、プロペシアのジェネリックであるフィンペシアを使ってすぐに治療すると良いでしょう。
有効成分は同じフィナステリドであり、含有量も同じなので、使ってもほぼ同じ効果が得られます。

なお、フィンペシアがジェネリックであるという解釈は実際には間違いです。
有効成分が同じであるため、口コミの大半が誤解していますが、プロペシアの特許はまだ有効です。
フィンペシアは製薬会社がインドにあり、インドでは現在は改正されていますが、過去は特許でも成分の保護は無効としていたため、製法を変えればコピー薬を製造できていました。
改正後もそれ以前に開発された薬まで戻って適用していないので、現在も製造されています。

このような背景があるため、特許の切れる前の薬でも特許料を支払うことなく製造できるので、格安になっているのが特徴です。
治療のために服用を続けなければならない薬であるため、価格の安さは大きなメリットになり、利用している人も多いです。

コピー薬という表現では偽物のような印象もありますが、有効成分は同じであり、製薬会社も怪しい企業ではありません。
インドの大手製薬会社であり、数多くのジェネリックを製造しているところなので、品質面に問題はないので安心して利用できます。

フィンペシアはプロペシアと効果が同じですが、副作用も同じです。
そのため、使用方法には注意が必要です。
低確率ですが性欲減退や勃起不全などの男性機能に障害が出るなどの副作用が出ることがあり、過剰に摂取すると危険性が高まります。
フィナステリドは薄毛の治療目的で使う場合には、1日に1mgまでが安全な上限とされています。

フィンペシアにはフィナステリドが1錠に1mg含有されているので、普通に服用していて誤って過剰に摂取してしまうことはありません。
高い効果を得ようとしたり、飲み忘れた日の分をまとめるなどの理由で1日に2錠以上の服用をすると、上限を超えて危険なので使用方法は守りましょう。

プロペシアとの違いを比較

フィンペシアとプロペシアは有効成分が同じですが、正確に言えば違う点があります。
プロペシアはフィナステリドの含有量が0.2mgと1mgの2種類があり、副作用が心配なので少量ずつ使いたい場合に調整が簡単です。
フィンペシアには1mgのものしかないので、量を減らすのであればピルカッターなどで分割する手間があります。
このとき、家族に悪影響が出る危険性があるため、破片が飛散しないように注意しましょう。

最も大きな違いが価格であり、フィンペシアはプロペシアの10分の1程度の価格で購入できることもあります。
特許料を払っておらず、開発費もかかっていないので格安になっています。

購入方法にも違いがあり、プロペシアは医療機関で処方してもらえますが、フィンペシアは未承認薬なので一部の専門クリニックでしか処方してもらえません。
そのため、個人輸入代行を利用するのが一般的です。
この場合、偽物を購入してしまう危険性があるので通販サイトの安全性の確認が重要です。

個人輸入代行では医師の診察を受けずに購入できますが、フィンペシアは使用方法を誤ると重大な副作用が出る危険性がある薬なので良いこととは言えません。
少なくとも1回は診察を受けてプロペシアを処方してもらい、安全性を確認した方が良いでしょう。

コーティング剤も違っていますが、薄毛の治療効果に影響を与えるようなものではないので気にするものではありません。
現在は日本向けに販売されているフィンペシアはキノリンイエローを使用していないタイプのものですが、これが含まれているものでも安全面に問題はないです。
日本では発がん性があると噂されていますが、国内でも化粧品や薬品に添加が認められている成分です。

このようにプロペシアとフィンペシアは基本的には同じで価格に違いがあると考えれば良いですが、正規の流通ルートがないので偽物を購入する危険性があることは理解しておきましょう。