ミントップでミノキシジルのAGA治療効果を体感しよう

ミントップ

ミントップはリアップのジェネリック医薬品です。
リアップと同等の効果を期待できますが、価格がかなり安いので経済面で負担になることもありません。
ミントップは外用型の薬となっており、頭皮に直接塗っていくことになります。
有効成分はミノキシジルとなっており、血管拡張作用によって頭皮の血行を促進することができます。
血行が良くなることで発毛や育毛を促すということです。

リアップに含まれる有効成分の配合量は5%ですが、ミントップの場合は5%と10%から選べるようになっています。
価格は5%が3800円前後、10%が4800円前後となっています。
しかし、ミントップ10%は人気が高く、品切れになっていることも多いため、購入を考えているならこまめにチェックすることが大切です。

ミントップに含まれるのはミノキシジルのみとなっており、フィナステリドは含まれていません。
髪の毛に必要な栄養素を届ける働きはありますが、ヘアサイクルの乱れによって発毛できない場合は効果が得られないこともあります。
ミントップを効果がないという場合、ドクターに相談してみましょう。
効果の出方には個人差もありますが、継続して使用することで薄毛を改善できるということです。

ミントップの使用方法としては、1日に2回頭皮に塗ることになります。
朝と晩に1mg分ずつ塗っていくということですが、専用のスポイトがついてくるので簡単に塗ることができます。
薄毛が気になる部分い塗ってからマッサージを行うことにより、成分が浸透しやすくなります。
1回の塗ったら次の使用までに12時間程度空けるのが効果的です。
使用方法を間違えると効果が得られないこともあるので注意しましょう。

ミントップを使用する場合、ドクターに相談してから使い始めることがポイントです。
一般の皮膚かでも診療してくれますが、知識がないことや設備が整っていないことも考えられます。
そのため専門のクリニックを受診した方が良いでしょう。

ED治療薬との併用は可能か?

EDは年齢を重ねた男性にとって深刻な問題ですが、薄毛で悩んでいる男性も多いでしょう。
EDと薄毛を同時に発症することも多いため、ED治療薬とミントップの併用は可能なのか気になっているという人もいるかもしれません。

ED治療薬といってもいろいろありますが、シルデナフィルを主成分としているものが多いです。
シルデナフィルを主成分としたED治療薬には、併用禁忌薬として指定されているものがあります。
併用禁忌薬と一緒に称した場合、副作用のリスクが高まってしまうので注意しましょう。
ミノキシジルを主成分とした薬は併用禁忌薬には指定されていませんし、ED治療薬と併用することもできます。

ミノキシジルには血管拡張作用があるため、ED治療薬と併用した場合は血圧が急激に低下してしまうのではないかと心配している人もいるでしょう。
確かに飲むタイプのミノキシジルにはそのようなリスクがあります。
ミントップはミノキシジルを配合した薬ですが、頭皮に塗布するタイプの薬なのでそのような心配はほとんどありません。
気になる場合はドクターに相談してからED治療薬と併用しましょう。

ミントップは塗るタイプのミノキシジルですが、全く副作用がないというわけではありません。
ミントップの主な副作用としては、頭皮の炎症や多毛症などといったものが挙げられます。
このような副作用のリスクはあまり高くありませんが、ミノキシジルが体質に合わない場合もあるので注意しましょう。
体質に合わない場合は副作用のリスクが高まってしまいます。
副作用によって頭皮に炎症が起こってしまった場合、逆に髪の毛が抜けやすくなり、薄毛が進行してしまうこともあるので注意しましょう。