帽子をかぶるとハゲるという話は本当?

帽子をかぶる男性

男女問わず薄毛の悩みはかなり深刻です。
薄毛が気になると隠さずにはいられず帽子などのアイテムに頼ることもあるでしょう。
でもよく聞くのは帽子をかぶるとハゲるという話です。
ハゲ隠しに帽子をかぶってさらに悪化させるなんて本末転倒です。
単に噂であれば安心ですが、長年いわれ続けているだけに信ぴょう性があるのか気になるところです。

まず帽子をかぶるとハゲるといわれるのには理由があります。
一番大きな要因は蒸れることにあります。
頭皮が蒸れると雑菌が繁殖しやすい環境になるので、頭皮のトラブルを引き起こす可能性もあります。
万が一、脂漏性皮膚炎など症状になった場合ははやめに治療をおこないましょう。

湿疹や炎症、ひどくなるとフケや瘡蓋などの症状も起こります。
つぎにあまり知られてはいませんが、帽子をかぶる際に髪が潰れるという圧力も関係しています。
サイズに合わない帽子を着用しているかたは要注意です。

帽子を着脱するときに潰れること以外にも、髪の摩擦で抜け毛が増えることもあるので気をつけてください。
とくに頭皮が蒸れた状態で乱暴に帽子を着脱すると、些細な摩擦でもダメージを与えてしまいます。
帽子をかぶるとハゲるという話には、このように3つの根拠があるようです。
薄毛隠しで帽子を取り入れる場合は、こまめに換気して汗を発散させてください。
とくに気温が高い季節はこまめに汗をぬぐうようにしてください。

帽子を選ぶ際はぴったりサイズは避けて、指1本分ぐらいのゆとりがあるものを選びましょう。
きつめのタイプは血行不良にも繋がり、さらに薄毛を悪化させてしまう恐れもあります。
敏感肌のかたは素材にも気を配ると良いでしょう。
肌触りのやさしいコットン素材がおすすめです。

既製品で帽子の蒸れを防ぐアイテムもあるのでぜひ取り入れてみてください。
汗かきのかたはとくに頭を冷やすと蒸れ防止に役立ちます。
清涼感を感じられるメンソールシャンプーなども最適です。

帽子をかぶるメリットとは

帽子をかぶるとハゲるという話には根拠があり本当のようですが、デメリットばかりではなくメリットもあります。
薄毛の要因のひとつには紫外線の影響もあります。
紫外線を大量に浴びると頭皮内に活性酵素が増加します。
この活性酵素は老化現象を促進させるので抜け毛に繋がるわけです。

毛母細胞が成長出来なくなり、薄毛の進行を早める危険性があるのでとくに夏場の紫外線対策はぬかりなくおこなってください。
髪の毛の日焼け止めスプレーなる商品もあるので、ぜひお試しになってみてはいかがでしょうか。
使用法を守り正しくお使いください。

冬場の帽子着用には保温効果があります。
体感温度をあげることで血行促進の効果を得ることができます。
薄毛は頭皮に血液が行きわたらず栄養不足であることも考えられます。
血流の流れを改善すると頭皮もやわらかくなるのでおすすめです。

耳まですっぽり覆えるニット帽や耳あてつきの帽子などが優れています。
冷えによる頭痛を避けることも出来ます。
冬は寒さで筋肉の緊張もおこりやすいので、首や肩のマッサージもあわせておこなうと薄毛に効果が期待できるでしょう。

帽子とハゲの関係は、使い方ひとつでメリットにもデメリットにもなります。
季節に応じて工夫をこらすことで薄毛の予防と改善に役立ちます。
帽子を着用した際は、普段よりもシャンプーやブラッシングに重点を置いてケアを施しましょう。
自分の薄毛のタイプにあわせた育毛化粧水を使用するのもおすすめです。

夏場に帽子をかぶるときには皮脂のベタつきを抑え、抗炎症作用と殺菌性あるローションが最適です。
冬場は頭皮の乾燥に効果のある保湿性に優れたローションを選んでください。
あわせて血流を良くする成分が配合されているとなおさら良いでしょう。