簡単にわかるAGAの原因

AGAの原因について考える男性

AGAは薄毛や抜け毛の大きな原因の一つであり、放置しておくとどんどん進行してやがて地肌が見えるようになってしまいます。
その原因についてはよく分かっていない部分も多いのですが、男性ホルモンのDHTが関係しているのではないかと考えられています。
DHTは遺伝によって増加してしまうとされており、親族に薄毛の人がいる場合などは注意が必要です。
男性ホルモン受容体がDHTに反応することにより、AGAが発症してしまうということです。

AGAは遺伝的な要因によってリスクが高まるだけでなく、生活習慣による要因も強いとされています。
DHTはテストステロンという男性ホルモンが酵素によって変換されて作られるものです。
そのため病院の治療ではこの酵素の働きを抑える薬を使うことが一般的です。

乱れた生活習慣もAGAの原因の一つとされています。
偏った食生活や肥満、睡眠不足、ストレスなどによってDHTが増えてしまうこともあるので注意しましょう。
生活習慣の乱れは一気に改善することは難しいですが、できるところから少しずつ改善していくことが大切です。

生活習慣が乱れると頭皮環境が悪化してしまいますし、発毛が阻害される原因となります。
髪の毛も人体の一部であり、健康な髪の毛を育てるためには栄養が必要となります。
特にタンパク質やアミノ酸などは髪の毛の材料となるため、薄毛や抜け毛が気になっている場合はきちんと摂取するようにしましょう。
また、動物性油脂の多い食品の過剰摂取は血流を悪化させてしまいます。
血流が悪くなると髪の毛の成長に必要な栄養素がきちんと届かなくなってしまうので注意しましょう。

アルコールの過剰摂取も髪の毛の健康に悪影響を及ぼすと言われています。
アルコールを過剰摂取すると皮脂の分泌量が増えてしまいますし、頭皮の毛穴を塞いでしまう原因になります。
また、大量のアルコールを摂取すると肝機能が衰えてしまうため、髪の毛の成長に必要なタンパク質が不足してしまうこともあります。

AGAの初期症状を見極めよう

髪の毛はヘアサイクルによって生え変わっています。
このヘアサイクルには成長期と休止期、退行期という3つの段階があり、それを繰り返すことで常に新しい髪の毛に生まれ変わっているということです。
AGAになってしまうとヘアサイクルの中の成長期が短くなってしまうため、髪の毛が十分に成長する前に抜け落ちてしまいます。

AGAは放置しておいても良くなることはないため、できるだけ早く治療を行うことが大切です。
また、早めに治療を行うことで効果が出やすくなるため、初期症状について知っておくと良いでしょう。

AGAの初期症状としては、抜け毛の増加と軟毛化という2つの特徴があります。
髪の毛は休止期になると自然に抜け落ちていきます。
抜ける良には個人差もありますが、普通のヘアサイクルでも毎日100本程度は抜けているということです。
そのため抜け毛を見つけてもすぐにAGAを発症しているとは限りません。
しかし、DHTの影響を受けた髪の毛は成長期が短くなるため、初期症状として抜け毛が増えるということです。

頭皮環境の悪化によってヘアサイクルの成長期が短くなった場合、髪の毛がしっかり成長する前に退行期や休止期に入ってしまいますし、すぐに抜け落ちてしまいます。
そのため髪の毛が細くなってしまいますし、軟毛化が進行してしまうということです。

今までより抜け毛が増えた場合や地肌が見えるなどの症状が気になっている場合、専門のクリニックでカウンセリングをうけてみるのがおすすめです。
専門のクリニックでは無料カウンセリングを実施していることが多く薄毛や抜け毛について知りたいことがある場合は気軽に聞いてみることができます。
治療にかかる費用なども確認しておきましょう。